九州旅行

九州旅行で学んだ命と平和の大切さ

私は九州旅行では、長崎県と鹿児島県に行ったことがあります。
その2県は、第二次世界大戦と関係が深い県で、長崎県は原爆が投下された場所、鹿児島県は特攻隊の出撃地となった知覧がある場所です。
これらの場所を訪れてみると、戦争の悲惨さ、今の日本が平和であることの有難さを感じることができると思います。
長崎県の原爆資料館では、原爆による被害や当時の写真を見ることができ、原爆の威力がとても大きかったことがわかります。
鹿児島県の知覧では、特攻隊員の遺書が数多く展示されていて、涙なしでは見ることができませんでした。
これらの場所に行くと、自分の生まれた時代が平和でよかったと思いますが、同時に戦争を二度と起こしてはいけないという気持ちがでてきました。
長崎県・鹿児島県ともに一度訪れてみることを勧めます。

Copyright© 九州旅行 All Rights Reserved.